サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> PHP/データベース >> 現在の日時と更新日時

現在の日時と更新日時



サンプルと機能

現在の日時や、ファイルの更新日時を表示します。
サンプルは以下のとおりです。

現在の時刻
2017/07/21 (Fri) 17:32:13

グリニッジ標準時
2017/07/21 (Fri) 08:32:13

表示のカスタマイズ例
7月21日金曜日午後5時32分
July 21, 2017 (Friday)


最終更新日時
2004/06/27 (Sun) 16:04:47 (index.html)
2004/09/04 (Sat) 20:38:18 (このファイル)


サンプルスクリプト

緑の文字が変更箇所で、赤い文字が対応するPHPです。
<!-- -->内または//以下はコメントです。削除しても影響ありません。
必要な箇所をコピー&貼り付けして編集してください。

現在の日時と更新日時
現在の時刻
<?php echo date( "Y/m/d (D) H:i:s", time() ) ?>

グリニッジ標準時
<?php echo gmdate("Y/m/d (D) H:i:s", time() ) ?>

表示のカスタマイズ例
<?php
$week = array("日", "月", "火", "水", "木", "金", "土");
echo date( "n月j日", time() ) . $week[date( "w", time() ) ] . "曜日";
if(date("G", time()) > 12) echo "午後"; else echo "午前";
echo date( "g時i分", time() );
?>

<?php echo date( "F j, Y (l)", time() ) ?>

最終更新日時
<?php echo date( 'Y/m/d (D) H:i:s', filemtime('index.html') ) ?>

<?php echo date( 'Y/m/d (D) H:i:s', filemtime('0201_gt.php') ) ?>


解説・注意点など

日時の取得方法については、以下のページで詳しく解説してあります。

PHPマニュアル
http://www.php.net/manual/ja/function.date.php


例えば、 <?php echo date( "Y/m/d", time() ) ?>という文の場合、

Y:年。4桁の数字。
m:月。数字。先頭に0をつける。
d:日。二桁の数字(先頭に0がつく場合も)

となるので、「2004/02/05」というように表示されます。

基本的なカスタマイズ方法は、PHPマニュアルに載っている「format引数」を見ながらY/m/dの部分の形をY年m月d日などといったように変更します。

サンプルの「表示のカスタマイズ例」のように配列や条件文を用いるとさらなる拡張が可能になります。

最終更新日時はfilemtime('index.html')というように取得します。
指定するファイルは、同一サーバー内ならどれでもOKです。


 
 

PHP/データベースに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, PHP and Database. All rights reserved. - Home